フリーエネルギーを推進する会レポート

「水で動く招き猫」開発のSさん訪問


 携帯が鳴った。
「今度の土曜日は空いていますか」と言う明窓出版社長の声だ。ピーンと来た。次なるフリエネ探訪だな! 案の定「三上浩也氏を囲むお茶会に出席者のお一人として“水で動く招き猫”を持参実演された、成田のSさんの工房に同行する事になった。
当日、成田空港開港闘争で有名な三里塚交差点でSさんの出迎えを受け、早速近くの工房にご案内頂いたが、直ぐにここだと判った。広い庭先で風車発電タワーがそびえていたからである。
伺うと、輸入の装置を購入してご自分で組み立て、あまつさえタワーの基礎コンクリートまで全て手造りだと言うから驚いた。さらに同じ敷地内の自宅の屋根にもソーラーパネルが設置され余剰発電は、電力会社に売却していて、夜間以外は支払いが発生しないとの事、さすがと感心していたがそれはほんの始まりでしかなかった。(写真1)



 ゆったりした敷地の片隅に山小屋風のログハウスが建っており、そこがSさんの秘密基地である。
 周りの畑に植えられている作物や、樹木の全てが自然エネルギーの研究対象だと言うから恐れ入った。
 ログハウスの発電は当然フリエネ装置、外部の壁にその装置は在りました、何と三上浩也氏を囲むお茶の会で、紹介された招き猫を動かして居る水発電装置と同じものだった。(写真2)



(これについては補足説明が必要。すなわち、いま現在はソーラーと風力で賄えているので、相当以前から使用せず。ということで、今はご覧のように休眠状態である)。

又その隣の小屋には、あの単極磁石(モノポール・マグネット)を利用して水の分子(クラスター)レベルを変え、名水と言うよりもむしろ不思議な力を持った水に変化さる装置が設置されている。その水を散布した作物は、異常な早さで成長し収穫率を上げるとの事、ログハウス横の菜園には作付時期の違うニンニクの苗が植え付けられていたが、その水をかけた苗(左側の勢いよく伸びている苗)が、それより前に、くだんの水をかけないで植え付けた苗を数倍追い越して成長していた。(写真3)



 その水で淹れたコーヒーを頂いたがこれまた殊のほか美味しかった。
 シンクロニシティーなのか、偶然フリエネお茶会に来ておられた雑誌アネモネのNさんが訪ねて来られ話の輪に加わり(写真4)、




 話は佳境に入った。私と明窓出版社長とで愛知県三河のT先生を訪ねた話になると、それに刺激されたか、次から次に、「これはは知っていますか」と見せて頂いた装置は、驚きのUFO動力源と同じものと思われるものだった。つまりメビウス巻を施したコイルを、このままでも電源なしで発電していますよと、テスターを当てると、ミリボルト単位の微弱電流が検出されるではないか! 更に驚いたことにSさんの説明では、この装置と同様の物をもっと頑丈に作り、236Vを加えると、装置そのものが浮き上がる、と当たり前の様に説明され更に驚かされた。(写真5)



 その装置の発展バージョンで、チューブのなかにダイオードを連続接続させた物を、メビウス巻にしたコイルの実験装置を見せて頂き、出来ればこれをお借り出来ないかと申し出るとこれまた、快く「どうぞ」と承諾して頂いた。
 更に、今は絶版と成ってしまった貴重な、モノポール磁石の開発者、進藤理秀先生の著書と、宇宙研究所所長で、物理学者の清家新一博士の「超相対性理論」を「コピーのあと必ずおかえしする」お約束でなんとかお借りする事が出来た。

最後に、アネモネのNさんにいただいた、その場で収穫したルッコラを抱えいそいそと帰路に着いたものである(これも、かの水をかけたものかは聞き忘れた)。

 レポーター 内田恵三
[PR]
by reportt | 2008-12-25 11:31